時代劇の定番ロケ地 初夏の八幡掘(はちまんぼり)のフリー素材写真

時代劇の定番ロケ地 初夏の八幡掘(はちまんぼり)

淡海なでしこ百景のピンをフォローする 

時代劇の定番ロケ地 初夏の八幡掘(はちまんぼり)のフリー素材写真は、近江八幡市にある人工の水路である八幡掘を撮影した写真素材です。

ダウンロード
写真を使用される際は、リンクしてくださるとサイト運営の励みになります。(強制ではありません)
リンクの仕方がわからない場合、テキスト入力画面で下記のリンクコードをコピペしていただけばOK!
<a href="https://omi-nadesiko.com/" target="_blank">Photo by 淡海なでしこ百景</a>&<a href="https://www.miosfactory.com/" target="_blank">Mio Ito</a>

八幡掘

八幡堀は天正13年(1585年)に豊臣秀次(秀吉の甥)が八幡堀と琵琶湖とを繋ぎ、湖上を往来する船を城下内に寄港させる目的で作られた人工の水路です。
琵琶湖と城を繋ぐことで、人や物だけでなく情報をも集め、楽市楽座制の実施とも相まって城下を大いに活気づける大切な役割を担っていました。
生活形態が変わりだした昭和中頃には汚染が進み埋め立ても考えられましたが、保存運動の結果現在の趣のある八幡掘によみがえり、時代劇などのロケ地としてなくてはならない場所となっています。

住所 〒523-0000 滋賀県近江八幡市大杉町
サイト ~歴史を楽しむ~ 八幡堀とその歴史について 近江八幡観光物産協会
お問合せ 近江八幡観光ボランティアガイド協会
〒523-0891 滋賀県近江八幡市鷹飼町無番地
近江八幡駅北口観光案内所内
TEL:0748-33-6061
FAX:0748-32-4125

カメラマンプロフィール

Mio Ito
Mio Itoフォトグラファー
滋賀から離れられずに11年、これまで撮ってきた写真がお役に立つと嬉しいです。

使用機材→NIKON D7000 , NIKON D300S

この写真が気に入ったら
いいね ! しよう